贈って喜ばれる!はずさない内祝いの選び方


カタログギフトは定番で喜んでもらえるマストアイテム

本来内祝いはお祝い事があったときに幸せのお裾分けだったり報告のために贈るものであり、祝いをいただいたかどうかには関係なく贈ったり食事を振る舞うことが一般的でした。しかし今の時代ではお祝いをいただいた際に、お返しとして贈るものという認識になっており、様々なアイテムがある時代だからこそ何を選んだら良いかで悩むのではないでしょうか。近年身近であり内祝いの定番となっているのがカタログギフトであり、受け取った相手が好きなものを選ぶことができるので、不要なものを贈ってしまいありがた迷惑で困らせることがないという利点があります。受け取った相手はもちろん、贈る側も何を選んだら良いかで悩む必要がなくなるので、双方にとって魅力的な内祝いと言えます。

金額やマナーについて

内祝いをする際には金額を始めとしたマナーに気をつけることが大切であり、ただ贈れば良いというものではありません。良かれと考えて高額なものを贈ってしまう人もいますが、お祝いでいただいた金額よりも高額なものを内祝いとして贈ってしまうと大変失礼にあたってしまうので気をつけるようにしましょう。基本的には三分の一から半返しがマナーとなっていますが、いただいた金額が高額だった場合には無理して半返しにする必要はありません。内祝いは感謝の気持ちを伝えることが重要になってくるので、お礼状を添えたり直接手渡しをしてお礼を伝えることが大切です。マナーを守ることにより、互いに気持ちよく内祝いを贈ったり受け取ることができます。

結婚や子供が産まれた時にもらったお祝いの品にお返しをすることを内祝いという。最近では熨斗などつけずカジュアルにすることもある。

You might also like