こんなにあったのか!?壁面緑化のメリット


そもそも壁面緑化とは何か?

壁面緑化とは何かというと、字の通り壁を葉っぱやつたといった緑で覆ってしまう事です。普段外を歩いていると、たまに緑に覆われている家を見かけます。壁面緑化で使用されているのは、主にツル植物が多いです。何故ならツル植物はすぐに成長しますし、色も濃い緑をしていて美しいからです。また低い塀には朝顔やヘチマを使用している家庭もあります。では具体的に壁面緑化を行うメリットは何か見ていきましょう。

壁面緑化を行うメリット

壁面緑化のメリットは、まず建物を守ってくれるという点です。緑で建物を覆ってしまうので、壁が紫外線や雨風を直接受ける事がなくなります。その結果植物が保護材のようになってくれ、家の経年変化を遅らせる事が出来て長く住む事が出来ます。

また電気代を節約出来るというのも大きなメリットです。壁面緑化をする事で夏は涼しく、そして冬は暖かいというような家の温度を快適にする事が出来ます。特に夏は植物が家を覆ってくれている為、建物全体が直射日光を受ける事がなくなるので、冷房代も安く済ます事が可能です。さらに地域によっては壁面や屋上緑化の助成を行っている所もあるので、自分が住んでいる自治体はどうなのか調べてみると良いです。

他にも環境に優しいというのもメリットの1つとして挙げられます。多くの建物の表面を緑で覆う事が出来れば、気温を下げる事が出来ますし、都市部の空気がきれいになります。まだまだ壁面緑化を行っている建物は少ないですが、これから少しずつ増やしていけば環境に優しい街づくりをしていく事が可能です。このように壁面緑化には沢山のメリットがあるので、興味がある人は一度チャレンジしてみると良いです。

壁面緑化は、建物の劣化スピードを遅らせたり、周辺住民からの建物自体の印象を良くしたりと様々な点でメリットがあります。

You might also like